コレクション: TANDEN PANTS

TANDEN PANTSは、女性の身体を「ととのえる」ためのパンツです。

デスクワークや立ち仕事など長時間同じ姿勢を取る、働く女性たちのために開発しました。
骨盤が安定する心地よさと、お腹を締めつけない解放感を体感できます。

RELIEFWEARでは制作にあたり、へそ下3寸(約9cm)にあると言われ、
身体の芯とされる部位「丹田(タンデン)」に着目。丹田を中心として、
腰と下腹が安定すると、背骨や頭の位置が正しく据えられ、背筋がすっと伸び、
自然な身体の状態へ導く手助けになります。

日本ではかつて、日常着であるキモノ・袴・野良着などが、腰紐や帯を巻くことで、
骨盤を締め体幹を安定させ、衣服自体が丹田を意識できる役割を担っていました。
それら日常着の中から「股引」の型にならい、履くことで丹田を中心とした
自然な姿勢へ導くTANDEN PANTSが出来上がりました。

TANDEN PANTSの特徴

 機能とデザイン

1.骨盤で履く、腰紐つきパンツ

体幹に作用する「骨盤」に支点を置いたパンツ。
 身体構造上弱いとされるウエスト部分は締めつけません。
 

2.丹田の位置へ自然に結び目を誘導する「丹田ループ」付き

腰紐を巻き骨盤を安定させ、「丹田」の位置で前結びでできるよう、
 ベルトループがゆるいV字を描くように取り付けてあります。
 腰紐を締め「丹田」の位置で紐を結び、体幹への意識に繋がります。
 

3.すっきり&ゆったりデザイン

 裾に向かってテーパードをかけることで、全体的にすっきりきれいなシルエット。
 骨盤より上部は締めつけず、鼠径(そけい)部を圧迫しない、ゆったりとしたパターンです。

 フロントタックを左右2本ずつ入れ、タックを内側へ折るインタックにすることで、
 動きやすく、お腹まわりのゆとりがあり、すっきり見える仕様にしました。
   

4.調整可能なフリーサイズ

 背面部分の蛇腹折り生地と腰紐で、腰回りを自分にぴったりなサイズに調整可能。
 腰紐を引っ張り、骨盤が安定するまで調整します。
 

5.前後で長さの違う「フラップ裾」

 イスに座ると生地が上に引っ張られ、パンツの前側に必ず隙間ができます。
この隙間からの冷気を防ぐため、前側を長くしたフラップ裾に。
 長時間のデスクワークなどで足元の寒さが気になるときは、
裾のフラップを下げてください。
  

6. 「おなかポケット」付き

 寒さが気になる季節にカイロも入れられる、
小さなポケットがお腹に付いています。
 

生地について

生地は、高密度に織られた、ハリやコシのあるコットン素材。
定番カラー(SUMI・KON・SHIRO)は、馬布。
限定カラー(AKA)は、タイプライタークロスを使用。
 
どちらも薄手で密度が高く、風を通さず、軽くて丈夫な生地を選びました。
パンツの重量は、馬布使用が330g、タイプライタークロス使用が280g。
 
寒い日は、中に暖かいスパッツを履くなどレイヤードすると、年中履くことができ、
アイロンをかけずとも、独特のニュアンスを楽しむことができます。

色について

 ハレとケの伝統色として馴染み深く、普段のコーディネートにも取り入れやすい4色展開。
定番カラーのSUMI(GRAY),KON(NAVY),SHIRO(WHITE)。
 限定カラーのAKA(RED)。
 
    

サイズについて

腰紐でサイズ調整可能なフリーサイズとなっております。
普段、S〜Lサイズ着用の方に対応。
着用モデルは160cm 50kgの標準体型です。

※TANDEN PANTSは骨盤で履くパンツなため、通常のパンツサイズ設定と異なります。
腰紐でご自身の身体に合わせて、サイズ調整ください。
ウエスト部分ではなく、腰骨とおへその中間あたりに履き口がきます。
ヒップはその分、通常より上位置となります。画像をご参考ください。

 

 




1個の商品
  • TANDEN PANTS
    通常価格
    ¥18,000
    販売価格
    ¥18,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ