コレクション: 身につける養生

「ととのえる」と「ゆるめる」のススメ

忙しい女性たちにとって、身体もこころも日々すこやかに過ごすことって、ひとつの課題のように思います。

RELIEFWEARでは、日本古来からある、「養生」という考え方をベースに、この課題に向き合っていけたらと思っています。

養生とは、身心の状態に気を配り、健康を保つために生を養うこと。

江戸時代に書かれた貝原益軒の『養生訓』では、ひとの身体は命の主人。心は身体の主人とあります。

養生の術は、自分の身体を損なうものを畏れ慎み、心を静かにし和らげ、よく勤めて身をうごかし、気をめぐらすことを良しとする。そして、たもつとめぐらすの二つが備わらねば、養い難いと。

この「たもつ」と「めぐらす」をRELIEFWEARでは衣服の視点から再解釈し、「ととのえる」と「ゆるめる」という2つの手法でアプローチすることにしました。

ととのえる

RELIEFWEARが考える「ととのえる」は、身体をあるべき姿へと導くこと。

日本では、上半身は無駄な力が抜けていて、下半身は充実し、どっしりと安定感がある「上虚下実(じょうきょかじつ)」の状態が理想とされてきました。

その要は、「腰」と「肚(はら)」にありました。


腰と肚がしっかりと決まって「中心感覚」が調うと、背骨や頭の位置が正しく据えられて、背筋がすっと伸び、自然な身体の状態になるそう。

RELIEFWEARでは、この「中心感覚」を意識できるボトムスTANDEN PANTSを制作しました。身につけるものを変えることで、内側への変化を促し、ととのえていきたいと考えています。

ゆるめる

RELIEFWEARが考える「ゆるめる」は、身体を「しめつけない」そして「温める」ことで、巡りを妨げないこと。

現代女性の不調の大きな原因のひとつは、血流の悪さ。

立ち仕事やデスクワークで長時間同じ姿勢で働くこと。ベルトやタイツやゴム入り靴下で腹部や足首をしめつけること。さらに運動不足で、客観的に見てみると、なにげない日常が身体をいじめているのだと気づきました。

それが、血流を阻害し、滞り、冷えやむくみを起こし、不調が生まれる悪循環。

だから、RELIEFWEARは足元から見直しました。

冷えに効くツボ「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれる内くるぶしから指4本分上にあるツボ。このツボは、東洋医学で3つの陰が交わる場所。

冷えやすく、冷えのたまりやすい場所と言われます。このツボを押したり温めることによって、生理痛や冷えの改善、消化器の働きを高めるなど、女性にとって万能のツボとも言われています。


KAIHŌ SOCKSは、しめつけ感のない製法に、この「三陰交」を保温するため、足首を二重仕立てにしたKIHONや、発散性の良いTSŪKI、よりゆったりと巡りを妨げないSHINSHUKUがあります。

靴下の履き口部分を二重仕立てにしたり、より伸縮性と保温性を出す凸凹編みにすることで、足元をしめつけず、心地よい履き心地を追求しています。

ぜひみなさんも、「ととのえる」と「ゆるめる」を意識して、実践してみてくださいね。

特別なことはせず、当たり前のことを日々続けること。それが養生にとっては、大事なようです。


当たり前のことも、日々続けることも、実はできていなかったり。なかなか自分にとっても耳の痛ーい話ですが、できることからゆるゆると、やっていこうと思います。 

 

4個の商品
  • KIHON
    通常価格
    ¥1,800
    販売価格
    ¥1,800
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • TSŪKI
    通常価格
    ¥2,000
    販売価格
    ¥2,000
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • SHINSHUKU
    通常価格
    ¥2,200
    販売価格
    ¥2,200
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 3 TYPE SET / KIHON+TSŪKI+SHINSHUKU
    通常価格
    ¥5,500
    販売価格
    ¥5,500
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ