TANDEN PANTSの履き方 

身体を「ととのえる」ためのTANDEN PANTSには、履き方のポイントが7つあります。

 
1. 骨盤前面の骨の突起と、パンツの左右にある
三角のベルトループの位置を合わせます。
 
 
 

2. 骨盤の安定を感じるまで、
 左右の腰紐を、ぎゅっと引っ張ります。
 
 

3. へそ下三寸(約9cm)に設置した
 中央の「丹田ループ」に腰紐を通します。
 


 
 
4. 身体の芯となる丹田を意識して、きゅっと前で結びます。
※体型はそれぞれ違うため、腰で履く感覚になれてきたら、
ベルトループに通さず、
自分の腰に馴染む位置で腰紐を締めることをおすすめします。
よりフィットした心地よさを味わえます。
 
 
 
  
5. 肩の力を抜き、みぞおちをゆるめ、横隔膜を下げるように、丹田から深呼吸。
 お腹から長く緩く息を吐くことで、副交感神経が働き、ゆったりとリラックス。
 
 
   
6. 座る場合は、立った時に締めた紐ではきつく感じますので、
  苦しくなく、かつ骨盤が締まる位置に結び目を調整します。
 
  座る時は丹田を意識し、骨盤を立てると、
  自然な姿勢へ導きます。
 
 
  
7. 裾のフラップを下げると、座った時にパンツの前側にできる
 足首部分の隙間を抑え、冷気を防ぎます。
 
 
私も毎日履いて、人体実験中です。
すぐに変化は表れませんが、身体をしめつけない衣服と共に、
自然な姿勢や深い呼吸が出来てくると、少しずつ身体への気づきが出てくると思います。
ぜひ続けて、履いてみてください。

今後アップデートを重ねていきますので、
履いた時のご感想や気になる点がありましたら、
ぜひCONTACTページよりご意見をお寄せください。

匿名でも構いません。差し支えなければ、
身長・体重・年齢などもご記載頂けますと幸いです。