ヨージョービギナーズガイド #11 Flowth 塚田祐美さん編 Vol.1

「養生ビギナーズガイド」は、身体やこころの養生となるモノ・コト・トキなどをレビューしシェアする連載。
読んでよかった書籍、使ってよかったモノ、心地よさにつながる時間etc…

今回は、京都でシェービニストを中心に活動されているFlowthの塚田祐美さんにお聞きし、4回に渡りお届けします。
養生ビギナーの私とともに、“あなたの養生”のヒントになれば嬉しいです!

 

Flowth 塚田 祐美さん Vol.1 <タベル養生>
よつ葉ホームデリバリーの「旬をたのしむ野菜セット」

我が家のタベル養生は、ほぼ毎週お願いしているよつ葉ホームデリバリーの「旬をたのしむ野菜セット」。
よつ葉さんは、大阪北部から京都府にかけて、地域・風土に根ざし、化学肥料や農薬ではなく土の生命力に頼る農業を営んでいます。

週1回毎週水曜日に9 品以上の野菜、季節によっては20品ほどが届きます。
品数が多いので、1週間このセットだけで、3人家族の私たちには充分。
自然にお野菜中心の食卓になり、何より安心した野菜を存分に食べられる贅沢さがあります。

事前にどんな野菜が届くか確認もできるのですが、うちでは敢えてせず。
手元に届くまで分からない、その楽しさも味わっています。届く野菜は新聞紙に包まれていたり、土がついていたり。

まるでご近所さんや祖母から野菜が送られてきたかのような、ワクワクや有難さがあるのも好きな点。
何年も続けていると、この時期はこの野菜が届くなと、自然のリズムにも添えているような気がします。

実家を離れて20年近く。
ずっと祖母が育て送ってくれる美味しい野菜やお米を食べており、私は食材をほとんど買った事がありませんでした。
暑さや年齢の影響で祖母から送られる頻度が減ってきて、野菜やお米をよそで購入して食べると、匂いや水分量などにガッカリする事がしばしば。

そんな時に妊娠し、本格的に祖母の野菜やお米に代わる購入先を見つけねば、と探し出会えたのが、よつ葉さんなのです。
京都市内のヨガスタジオやマクロビのお店でも、ここのお野菜を使っていると聞いて、先ずはお試しセットを。
その時にカタログをいただき、お野菜だけでなく、食べ物全てにこだわりを持ってセレクトしているのが伝わってきました。

私が口から摂取するものを大事にするようになったのは、社会人になってしばらくした頃。
理容師として昼夜問わず働き詰めの生活を続けていたら、ストレスもありアトピーの進行が悪化し、次に胃腸を壊し、精神も病んでしまいました。
しばらく実家の新潟に帰省し、食べ物を変えると自然に全てが回復していく感覚がありました。

その時の経験があって、食べる事には特に気をつけてきました。
でも今は、ただ美味しい野菜とお米と水があれば良いのかもしれないなんて感じるのです。
祖母の野菜やお米は美味しいのですが、販売はしていないので、信頼できるよつ葉さんをオススメさせていただきました。
よつ葉さんが発行する新聞もまた楽しみなのです。
皆様に合った野菜やお米に出会えるきっかけになれたら良いなと思います。

よつ葉ホームデリバリー

 

今回おしえてくれた人
Flowth 塚田 祐美さん

京都在住。1児の母。
流れ・植物・呼吸を軸にFlowthを主宰。
シェービニストをベースにオリジナルプロダクトの企画販売。
企業との共同企画やメニュー考案、台湾茶を淹れること等を軸に自由に越境して活動中。

本来の素肌の強さや美しさを知り、心身も肌も心地の良い状態であることへ繋がったり、日常を過ごすなかでホッとついたり。
その時間や場が在る事で少しでも、まんまるな状態になるきっかけになれたらと、2022年8月に京都・吉田神社すぐの地にサロンをオープン。
ブライダルシェービング・シェービング・アロマトリートメントの施術、オリジナルアイテムの販売、ワークショップの開催を予定している。

https://www.instagram.com/flowth_kyoto/
instagram @flowth_kyoto 

 ©️日下部 邑里