RELIEFWEARのはじまり


30代半ばに入った頃、周りの年上女性からはまだまだこれからよ、と言われる中、身体的な不調に悩まされることが多くなりました。

特にデスクワークの仕事で、長時間座っていると、パンツやタイツ、ゴム入り靴下がストレスに感じ、手足の冷えとしめつけ感で痛いお腹やみぞおち。しまいには35歳にして盲腸で入院(!)

慢性的な痛みやこの不調は一体どこから来るものなのか、身体について知りたいと思い始めました。


身につける養生


日本人の身体のこと、日本古来の文化を紐といてみると、女性の身体をしめつけない心地のよい衣服、自然体で無理のない身体への意識、呼吸の仕方、そして身体技法にあった道具など、日本ならではの自然観に基づく智恵がありました。

そうして行きついたのが、着ているものから見直す「身につける養生」。

衣服は、1日のほとんどの時間、身につけるもの。
骨格も身体技法も文化も違う西洋の考え方とは異なる、身体の自然に沿った日本の衣服の在り方を知り、 改めて身につけるものについて考えてみよう、、、それが、RELIEFWEARを始めたきっかけです。

身体が自然な状態に整えれば、こころも調う。また逆も然り。

身体とこころを知ることについて、まだまだ入り口に立ったばかりのビギナーです。

「身につける養生」というテーマで、自分も学びながら、身体とこころを、ととのえ、ゆるめ、すこやかさと自由さを身につけて、楽しく歳を重ねられたらなと思っています。